1. HOME
  2. 製品情報
  3. 農業用制御機器
  4. きのこ栽培用捕虫器 ハエと~る

製品情報 農業用制御機器

こんな事にお困りのあなたへ

  • 栽培室に発生する"きのこバエ"を駆除したい。
  • (他の捕虫方法だと)ランニングコストが高かったり、あまり捕れない。
  • 栽培室の環境改善をしたい。

製品の使用例

栽培室に設置して、専用捕虫液の香りと紫外線ランプに引き寄せられたハエを泡で捕虫します。
※100㎡に1台の設置が目安です。

捕虫器 ハエと~る


◆「ハエと~る」捕虫の仕組み
捕虫器 ハエと~る

特長

”泡”を使って確実に捕らえる!

「ハエと~る」は紫外線ランプでハエを引き寄せ、泡で捕らえます。
業界では珍しい”泡を使った”捕虫方法です。

◆従来のきのこバエ対策との比較
捕虫器 ハエと~る
◆「ハエと~る」実験結果
捕虫器 ハエと~る

きのこ栽培室以外でも効果が出ています【導入事例】

「ハエと~る」は様々な業界で導入されており、"きのこバエ"以外の害虫駆除実績があります。

【導入事例①】しいたけ栽培室/きのこバエ
捕虫器 ハエと~る 捕虫器 ハエと~る

「しいたけ」の他、「キクラゲ」「しめじ(本しめじ、ぶなしめじ)」「舞茸」などの栽培室に導入されています。その他きのこ全般ご利用いただけます。

【導入事例②】牛舎/小バエ
捕虫器 ハエと~る 捕虫器 ハエと~る

【導入事例③】塗装工場/ニセケバエ
捕虫器 ハエと~る 捕虫器 ハエと~る

【導入事例④】トイレ/チョウバエ
捕虫器 ハエと~る 捕虫器 ハエと~る

概要

きのこ栽培室にて発生するきのこバエを捕らえるための装置です。自社オリジナル配合の専用捕虫液を入れた水をエアレーションで泡立たせ、専用捕虫液の香りと紫外線ランプに引き寄せられたハエを泡で捕らえます。

仕様

名称 きのこ栽培用捕虫器「ハエと~る」
使用方法 ①プラスチックトレイに定量の水と専用捕虫液を入れます。
②本体の電源を入れると、トレーの底から空気が送られ泡が発生します。
③紫外線ランプと香りに引き寄せられたハエは、泡の表面に付着して飛べなくなり、プラスチックトレイの中に沈んでゆきます。
④捕らえた虫は水と一緒に排水口から排出します。

10Lに対し専用捕虫液キャップ2杯(20㏄)が目安です。
1回で約3日間持続します(約50回分)。
トレーが汚れたり、泡立ちにくくなったりしたら、水と専用捕虫液を取り換えてください。
常に空気を出すと吹きこぼれるため、タイマーで調節できます。標準では15分空気を出し、75分停止することで泡立ちが継続します。
扇風機で風を送りハエをきのこから離し、施設内の照明を消して使用することで、より誘引効果が高まります。
有効面積(目安) 100㎡/1台
取付方法 壁掛け型/据え置き型
外形寸法 828(W)×390(D)×385(H)
定格消費電力 25W/22W(50/60Hz)
誘虫ランプ 20W形ケミカルランプ
電源コード 3m
セット内容 捕虫器本体、専用捕虫液(1ℓ:50回分)、取扱説明書

外形寸法・取付寸法(本体部)

捕虫器 ハエと~る

カタログ/取扱説明書/CAD/説明ガイド等

メディア掲載

アイファームタッチ アイファームタッチ