商品情報

炭酸ガスコントローラ
CO₂ NAVI ADVANCE(シーオーツーナビアドバンス)



こんな方におすすめ

・炭酸ガス施用をムダなく行って冷暖房経費や電気代を節約したい方
・作物の育成に合わせて細かくCO₂濃度のコントロールをしたい方

商品の使用例

システム使用例

co2naviad_shiyourei

特長

①高精度で正しい場所を測定・作物の状況をキャッチ

同じハウス内でも、成長点・群落・通路などで濃度に差が生じます。採気口が簡単に移動できるポンプ吸引方式なので、作物の育成に合わせて適切な場所を正確に測定し、炭酸ガスの欠乏・過多を防ぎます。 co2naviad_tokucho1.jpg

②ムダな炭酸ガス施用をカット

ポンプにより強制吸引をするため応答が早く、遅れによるムダな炭酸ガス発生装置の運転を減らします。

吸引方式と自然拡散方式の比較(当社比)

co2naviad_tokucho2.jpg

③自動校正による高い信頼性と安定性

外気を基準とした自動校正機能を搭載し、センサの経年変化を補正。長い間、正確で安定した測定を行います。

co2naviad_tokucho3.jpg

④育成ステージに合わせたプログラムが可能

24時間を最大9段に分け濃度設定できる多段設定(9段×9プログラム)により、育成ステージに合わせプリセットをしたプログラムから選択して自動制御できます。

co2naviad_tokucho4.jpg

⑤パソコンと接続しデータ監視・収集

パソコンと接続することで、データの監視・収集ができます。伝送出力(4-20mA)を1点内蔵し、簡単にロガーへ接続し収集ができます。

co2naviad_tokucho5.jpg
▼ハウス環境モニタソフト EyeFARMの商品ページはこちら
 ハウス環境モニタソフト EyeFARM 



⑥便利な機能満載

天窓連動

天窓の開閉を検知し、無駄な炭酸ガスの施用を抑えます。

温度センサ連動(センサオプション)

ハウス内の温度を検知し、施用濃度を自動でシフト。異常高温時は炭酸ガス発生装置を停止させ作物を守ります。

日射センサ連動(センサオプション)

日射量により設定濃度を自動で変更。天気に合わせたコントロールができます。

商品概要

施設園芸ハウスのCO₂濃度を設定した値になるように制御する装置です。
(接続するのは灯油燃焼器、LPガス燃焼器、CO₂ガスボンベ)

仕様

型式 PC-500NA
センサ NDIR方式(非分散型赤外線吸収法)
ポンプ強制吸引方式(最大チューブ長:60m)
応答性 90秒(吸引チューブ20m時・ステップ応答にて)
表示 濃度表示範囲 0~5000ppm[5ppm刻み]
濃度表示(高)・濃度設定(低)・ステップステージ・液晶モニタ・動作ランプ
設定 濃度設定範囲  0~5000ppm[10ppm刻み]
入力 天窓全閉入力 DC12V 5mAを開閉するスイッチ
出力 出力1:無電圧 1a 接点 10A AC250V(抵抗負荷)
出力2:無電圧 1a 接点 10A AC250V(抵抗負荷)
出力3:無電圧 1a 接点 3A AC250V(抵抗負荷)
伝送出力 DC4-20mA(抵抗負荷500Ω以下)
自動補正機能 外気基準により定期自動校正
通信機能 EIA規格 RS485準拠
使用環境 周囲温度 0~40℃ 周囲湿度 100%RH以下(結露・氷結しないこと)
取付方法 壁面取付け
電源 AC100/200V どちらか一方(50/60Hz)
質量 約8kg
付属品 吸引フィルタ・吸引用チューブ(標準20m)・ドレンポット
オプション品 日射センサ・温度センサ
・日本製
※製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。また、製品の色調は印刷のため実物とは異なる場合もありますので、予めご了承下さい。

外形寸法・取付寸法(本体部)

Print

関連商品

05

カタログ/取扱説明動画

お電話でのお問い合わせ

0120-963-166

携帯電話からは048-255-0066