超音波加湿器 NP796霧風できのこ栽培

2021/03/05

きのこ栽培システム

超音波加湿器 NP796霧風

きのこ栽培において重要なことの1つに、正確な湿度管理が挙げられます。
質の良いきのこをそだてて栽培する為には、加湿器から出る霧の粒子の細かさが重要であり、
そして適切な湿度調節がきのこの質を左右させます。
こちらでは、そんなきのこ栽培における様々なニーズを反映した、
ニッポーの超音波加湿器を紹介いたします。

製品の詳細使用先

  • きのこ人工栽培(培養・芽切り・発生の工程で使用)、育苗
  • 塗装ライン静電気防止、ペーパー裁断静電気防止
  • 模型等ディスプレイ用、実験設備、空調設備、その他静電気防止・対策にきのこ人工栽培の中で、培養・芽切り・発生の工程で使用されています。

製品の特長

超音波加湿器「霧風」は、蒸気式やノズル式に比べ霧の粒子が小さく「きのこ」に最適な加湿が行えます。又、水に直接超音波を 当てて水を霧化する為、電源を入れるとすぐに霧が発生します。もちろん 電源を切ればすぐに霧は止まりますので、正確な湿度管理が行えます。水道より自動給水していますので、連続運転ができます。

又、弊社湿度 調節器と連動させますと、自動で湿度を調節することが可能です。「きのこ」専用吐出管を採用し、水だれを防止するだけで無く、360度 自由に加湿方向を変える事ができます。

自動洗浄により、水槽内に溜まった胞子・雑菌を排出しきれいな水を霧化する事ができます。

製品のこだわった点

  • NEW吐出管により飛距離アップ
  • NEW吐出管により液垂れが著しく減りました
  • 電源をONすると直ぐに霧が発生します

開発者・担当者の声

  • 担当ポジション:本社 設計担当
  • お名前:K.I
  • 商品へのコメント:より多くの霧化量を確保する為、
    開発は試行錯誤を繰り返しでした。
    その結果ちょっと独特な形状の吐出管(霧噴出し管)になりました。
    「霧風」というネーミングも社内公募により付けられた名前で、
    より多くの方々に知って頂き、皆様のお役に立てて頂ければと思います。

開発した製品

超音波加湿器NP796,796(6型)

お電話でのお問い合わせ

0120-963-166

携帯電話からは048-255-0066