新商品【換気・カーテン・暖房制御盤「換気ナビ」が3月1日(火)販売受付開始】

2022/02/14

プレスリリース

 ハウス内の温度を測定し、天窓やカーテンの開閉を自動で制御する「換気ナビ」を開発しました。 統合環境制御盤では過剰投資になってしまう単棟ハウスや、小規模・中規模ハウスの設備に合わせた“シンプルで使いやすい換気コントローラ”です。ハウスの設備と予算に合わせ、使いたい機能を拡張することができます。また、クラウドサービス(※1)と接続することで遠隔からモニタリングができ、スマート農業の推進に貢献します。

換気ナビの特徴


1)最大4ハウスの多系統管理で「導入費用を抑える」


 換気NAVI 1台で最大4つのハウスを管理することができます。例えば、トマトやキュウリなど“品目に応じた設定”や、定植時期の異なるハウスは“生長段階に応じた設定”も可能です。また、ハウスの設備に合わせ、出力(4点)は暖房、ヒー トポンプ、カーテンから選んで使うことができます。

2)天窓・カーテンの自動化で「省力化をサポート」


 雨センサを搭載し、雨が降ったときには自動で天窓を閉めます。天気の急変により、昼夜問わずハウスに駆けつけ天窓やカーテンの操作をしていた農家の負担を軽減します。

3)設備と予算に応じて「使いたい機能を追加」


 拡張性に優れ、外気象測器、日射センサ、飽差コントローラ(飽差mini)、炭酸ガスコントローラ(CO₂NAVI)、クラウドサービス(※1)との接続が可能です。使いたい機能と予算に応じたシステムづくりができます。
【例えば】
● 外気象測器の追加で風向風速に応じた天窓制御
● 日射センサの追加で日射量に応じた温度管理
● クラウドサービスとの接続(※1)で遠隔からモニタリング
(※1:クラウドサービスへの接続は 2022 年度対応予定)

お電話でのお問い合わせ

0120-963-166

携帯電話からは048-255-0066