1. HOME
  2. 製品情報
  3. 農業用制御機器
  4. 統合環境制御盤 House NAVI ADVANCE

製品情報 農業用制御機器

統合環境制御盤
House NAVI ADVANCE(ハウスナビアドバンス)

こんな事にお困りのあなたへ

  • 統合環境制御で収量・品質アップを図りたい方。
  • 機械に出来ることは自動化をして、効率化を図りたい方。
  • 今使っているハウスに環境制御を導入したい方。(巻上げ換気式対応)
  • 統合環境制御を導入したいが、パソコンは苦手という方。

製品の使用例

ハウスナビ2

特長

①操作のしやすいタッチキー&ツマミ

ハウスナビ特長1_1

◆ハウスナビは簡単・見やすい! ハウスナビ特長1_2

本体の設定はすべて制御盤のタッチキー(押しボタン式)とツマミで調整することが出来るので、覚えやすく、どなたでも簡単に操作出来ます。パソコンを開かなくても操作パネルでハウスの様子を確認することができます。

もっと細かく、オリジナルの設定がしたい方もご安心ください。
タッチパネル操作で細かな「こだわり設定」もできます。
                    ※設定ガイド機能付

②過去のデータをワンタッチでグラフ表示

◆見たい画面を選んで分析! ハウスナビ特長2

  • 代表的な環境データグラフ
    (温度・湿度・飽差・炭酸ガス・・・等)
  • 温度制御データグラフ
  • 飽差制御データグラフ

★POINT★
 過去3日分(今日・昨日・一昨日)のグラフを
 ワンタッチで確認することが出来ます。

③ハウスの外環境をうまく利用した環境制御

◆換気式飽差コントロール ハウスナビ特長3_1

植物の蒸発による水分によって飽差を
コントロールします。
ミストによるコントロールも出来ます。




ハウスナビ特長3_1

①飽差を見ながら開度を調整
②風向で左右入替え
③風の強さにより開度を調整
④温度が上がり過ぎた場合は、開けて温度を下げる

◆スカシ換気コントロール
ハウス内外の温度を見ながら少しだけ窓を開けてハウス内の湿度を逃します。 ハウスナビ特長3_1

④ハウスの環境をモニタ&データ収集

ハウスナビアドバンスで測定したデータした環境データと、機器の動作状況をパソコンで
モニタ、記録することが出来ます。
ハウスナビ特長3_1
  • ハウス環境モニタソフト EyeFARM

  • 概要

    統合環境制御は、今までバラバラだった換気・暖房・カーテン・炭酸ガス施用などを相互に連携させ、ムダが無くバランスのとれた環境づくりを行います。

    仕様

    名称 統合環境制御盤 House NAVI ADVANCE
    電源電圧 AC100V~200V 50/60Hz
    制御項目 換気窓(巻上げ式)/カーテン/暖房/循環扇/炭酸ガス/飽差(ミスト+換気)/潅水(タイマ・日射)/EC(タイマ)※換気窓の制御には駆動用インターフェース盤が必要となります。
    表示 換気(12)谷左開・谷左閉・谷右開・谷右閉・谷左サイド開・谷左サイド閉・谷右サイド開・谷左サイド閉・側面左開・側面左閉・側面右開・側面右閉
    カーテン(4)内張1開・内張1閉・内張2開・内張2閉
    暖房(3)加温器1・加温器2・ヒートポンプ
    循環扇(1)循環扇
    炭酸ガス(2)CO₂①・CO₂②
    ミスト(1)加湿
    潅水(1)潅水
    EC(1)EC
    警報(1)警報
    測定項目 ハウス内温度・飽差・CO₂濃度・土壌水分センサ(オプション)・日射センサ増設用(オプション)
    ハウス外温度・風向・風速(気象観測器)・雨センサ・日射センサ
    データ収集 ハウス環境モニタソフト EyeFARMをご利用ください。
    ※パソコンは別途ご準備ください。(推奨動作条件はEyeFARMページを参照ください。)
    ※ハウス環境モニタソフトの遠隔監視には市販の監視用アプリケーションをご利用ください。
    (インターネットへの接続が必要となります。)
    警報通報 異常時の電話通報・メール通報には別途通報装置と回線の契約が必要となります。
    設置方法 壁掛け方式(屋内用)
    質量 約16.5kg
    納入範囲 制御盤本体(1)・センサユニット※(1)・雨センサ(1)・気象観測器(1)・日射センサ(1)・通信用変換器RS485-USB(1)・乾湿球温度センサ用ボックス(1)
    ※CO₂センサはセンサユニットに内蔵
    ●日本製
    ※製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。

    外形寸法・取付寸法

    外形寸法・取付寸法